国際結婚の手続きを自分でやってみると、、、【相手国で籍を入れ後に日本にて手続きする場合|準備編】

手続き

はじめに

 今回は、「国際結婚の手続きを自分でやってみると、、、【相手国で籍を入れ、後に日本にて手続きする場合】」と言うように、国際結婚の手続きを自分で行った際主に何を用意したのかと言う点を私の場合はと言うことで書かせていただきました。
 プロの行政書士の方に頼めば早かったのかもしれないのですが、自分でできると判断したので自分でやった結果できました!そちらを記事としてまとめさせていただきました!!
 少しでもお役立てできれば幸いに思います。

 国際結婚の手続きに関しては日本人同士での婚姻手続きとはやはり大きく異なってきます。日本での婚姻届の話は一旦割愛しますが、外国の方と結婚するとなると両者の国で婚姻届を出す必要があります。ですので日本で婚姻届を出して相手の国でも婚姻届を出すと言うこととなります。
 日本と海外では戸籍等の管理も全く異なってきますので、両国で把握する必要があるためです。

 その方法としては下記の二つとなります。

 ①海外(相手の国)で婚姻届を提出した後に日本での届出
 ②日本で婚姻届を提出した後に海外(相手の国)での届出

 私の場合は①の先に相手国での手続きを行い後に日本で手続きを行うと言う方法を選択しました。理由としては嫁の国の場合結婚する際に健康診断を行う必要がある、、という日本とは異なる制度がある国であったためどうしても先に行く必要がありました。

 一点注意いただきたいのが、相手の国によって制度が大きく違う可能性があるものとなっております!そのため、私が相談した場所としては、市役所、在日の相手国の大使館等に質問をしたりインターネットの情報も併せて見られることをオススメします。私の場合は、市役所で話をしに行った際に「前例がない」とのことで結構時間がかかってしまいましたが(笑

AgrevoHealthFoods

本題

 ざっくり流れを書くと以下の通りです

①婚姻要件具備証明証の用意

②アポスティーユを取得

③①②の翻訳を付ける。(これは私の場合は相手国で行いました)

 ではこれらを順番に触れて行かせていただたきます。

婚姻要件組証明書の用意

 正直私にとって全く聞きなれない言葉でした。婚姻要件具備証明書、または独身証明書とも物によっては記載されているようで、私は同一の物だと認識しております。こちらはざっくり言うと「日本の法律で私は独身で結婚できる人ですよ」と証明するものだそうです。

 こちらは法務局で取得できますが、この際に必要なものがいくつかございます。

・申請者の本人確認書類※免許証等
・婚姻する相手方の「国籍・氏名・生年月日・性別」※氏名はカタカナ読みを準備しておく事。
・戸籍全部(個人)事項証明書・戸籍謄抄本※本籍地にて取得

 私の場合は住んでいる地域とは違う法務局でこちらの手続きを行いました。法務局によっては手続きの流れや、書類作成完了時間が異なることが予想されますのでご自身が訪れる法務局に一度電話にて相談することをオススメします。

 注意点としてはこの資料の有効期限は3ヶ月だそうです、ただし、提出する国によっても少し期限が異なる可能性があるので相手国の提出先に婚姻相手より相談してもらうことがこちらもオススメとなります。また法務局のHPを併せてご確認ください。

アポスティーユを取得

 こちらの言葉についても正直聞きなれない言葉かと思われます。ハーグ条約というものがあるそうでそちらには該当している国はアポスティーユを付けると良いそうで、該当していない国へ提出する公文書の証明は全て公印確認となるそうです。事前に提出先または日本にある提出先国の大使館・(総)領事館にご確認ください。
 このアポスティーユは上記①の婚姻要件具備証明書に付ける物になるのですが、私としての解釈は「この資料は日本の公正な文章だと日本の外務省が認めたものです」と言うお墨付きみたいな物だと思っております。

 こちらは「アポスティーユ」で検索すると「公印確認・アポスティーユとは|外務省 – Ministry of Foreign …」が出てきますので一度ご確認いただくようお願いします。

 私の場合はアポスティーユが使える国だったためアポスティーユを取りました、そして大阪に住んでいたのと急いでいた事もあって、大阪分室まで申請に向かいました。必要になったものは以下の通りです。

・証明が必要な公文書(発行日より3か月以内の原本)
・身分証明書※免許証等
・レターパックなど返送用封筒(返送先要記入)

 大体10日くらいで資料が完成し手元に帰ってきたかと思います。

今まで用意した資料に翻訳をつける

 これは私の場合、日本で準備したものではないのですが、日本で行うことも可能かと思われます。提出国の在日領事館と提出先の国の窓口に相談することをオススメします。私の場合は日本で翻訳すると時間もかかり、またその言語が馴染みのない言語で、どこで翻訳してくれるのかを探す必要もあったため妻と在日領事館に相談すると現地に行った際に可能と言うことだったので日本では行いませんでした。
 ですので、私が行ったことは相談です。

 もし日本で準備するなら。。。と仮説で書かせていただくと、こちらは翻訳してもらう場合個人での翻訳は認めれられていないそうで機関に翻訳してもらう必要があるそうです。またこちらは私的文書扱いになるのでこの翻訳いただいたものを公証人役場へ持っていき私署証書の認証を行う必要があるかと思います。こちらもその後アポスティーユが必要になる可能性がございます。

 ですので、一度相談することをオススメします。

最後に

 今回は国際結婚に際しての手続きを自分でやった際の準備物に関してまとめさせていただきました、また相手の国で行ったことに関しては正直、妻に任せていたところがあるため詳細は書けないのですが、相手国での婚姻受理後の話をまとめさせていただければと思います。

 また婚姻を予定されている国の方によって他にも必要なものが出てくる可能性が往々にありますので相手の国の領事館には必ず相談しインターネットで調べることもオススメします。

 そして、準備を終え、無事海外で籍をいれ帰国したのちに待ち受けている処理をまとめたものがこちらにございますのでこちらも併せてお読みいただくと内容が完結するかと思われます。

なお、私についてというところで自分についての記事もこちらにございますので併せてお読みいただくと幸いに思います。

About me | Aのコトコト

最後まで一読いただきましてありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました