実は違った!?ケバブって、、、【アゼルバイジャンにて本場のケバブを堪能】

海外

はじめに

 実は違った!?ケバブって、、、【アゼルバイジャンにて本場のケバブを堪能】と言うことで、今回はアゼルバイジャンでも伝統的な料理の一つとされているケバブを食べに行った際のものを記事にさせていただいております。

 日本の方が思われているケバブ、、、垂直の串に味付けた肉を指していき、グリルで回転させながら焼いていきパンなどで挟んで野菜などと一緒に食べるサンドのようなもの・・・

 一般的にはこのように考えられているかと思われます。実際はそうではなく、四角く切った肉を串で刺して焼いた物をケバブと言います!ですので実際は色々な種類のケバブがあります!すなわち肉好き必見です!!と言うことが伝わればと言うことを記事にさせていただいてます!

 そして私の胃袋を虜にしたケバブを、そして思い出のあるお店を今回紹介させていただきます。思い返して書いているだけでももうすでに思い出してしまうあの味、、、、すぐにでもまた食べたい。。。そんなケバブとなっております。またアゼルバイジャンの食文化と言うところは別の記事でも触れさせていただいておりますので併せて一読いただければ幸いに思います。

本題

 正直今回ご紹介させていただくお店は、何度も食べに行かせていただいております!2年前もそうですし、今回滞在中にも2度伺わせていただきました。ですので味は完璧です♬

CENTARAL BAKU

 何度か今回も訪れまして、夜来た際の写真はこちらとなります。

 お店の中で間切りされていて、テイストが変わっているお店となています。夜来た際は内側のお店となっておりました。

  なんともお洒落で街と調和のとれたお店となっております!何度も来た思い出の地です(๑˃̵ᴗ˂̵)
 お店の内装に関しては内装の中にまた間仕切られているようなテイストとなっておりまして、こんな感じとなっております。

お店の中にも窓があり空間が切られている形となっております♬

 別空間のデザインも素敵になっておりますので素敵な空気感を演出されています。

牛肉のケバブ

別日に来たケバブです✨✨

 待ちに待ったケバブとなります!まずサンドではございません!お米と共にと言う形でした♬ 

お米はタイ米のようなお米が使われていてハーブなどが効いている日本では食べることができないような味わいとなってます!やはり日本のお米と比べると水分量が少ないようでぱらっとした味となっておりますが、私は大好きなテイストとなっております。

 そしてなんといってもケバブですね!アゼルバイジャン料理といえば!と考えられる代表格の一つだそうですが、色々種類のあるケバブの中からこちらは牛肉のケバブをいただきました。と言うより私はこれが好きです!
 冒頭でも書かせていただいた通り、ケバブというのは何も日本人の大半の方がイメージされるような細かくカットされているものだけではなく、串にさして焼いたものというところになるので日本人でいうと”焼き鳥”に近い料理となります!

 ただし、日本の焼き鳥はどちらかと言うと素材を愉しむことに対し、ケバブはどちらかと言うと味付けを愉しむと言うところで違いがあるように私は考えております。

 どうやったらこの味が出るか正直ほんとわからないんですがめちゃめちゃ美味しい味となっております!2年前も2度伺い同じものをオーダー今回もまた同じものをオーダーと、、、すっかり虜になってしまいました!ただ、今回は少し味が変わったような気もしましたが、、問題なく美味しいところでした。

他のメニュー

 他のメニューもいくつか載せさせていただきます!

キエフになります:)やはりロシア料理も大衆的に食べられております♬
クリームのパスタでした!こちらも満足の味でした!

 ケバブだけではなく、たくさん美味しいものがあるお店となっておりました!
既に日本に帰ってきてしまってますがやはり私の一押しのケバブ、今すぐにでもまた食べたいケバブでした!

最後に

ケバブ以外を食べに来た日

 食事中の一コマをサクッと撮らせていただきました。本当に美味しく楽しい時間でした。正直こちらのお店何度も何度も来させていただきまして、妻との思い出に残る店舗の一つとなってます!

 そんな中でもやはりこちらのケバブの味は忘れられない美味しさとなっております!今回はこちらのお店を通して日本の方々が思われているケバブは実はほんの一種類だけだったと言うことを書かせていただきました!
 ただただ食レポのような感じになってしまいましたことはご了承くださいませ(๑˃̵ᴗ˂̵)
 またアゼルバイジャン文化等に関しては別の記事でも触れさせていただければと思います。

 最後まで、一読いただきましてありがとうございました。なお、私についてというところで自分についての記事もこちらにございますので併せてお読みいただくと幸いに思います。国際結婚を機にブログを始めさせていただきました♬

About me | Aのコトコト

コメント

  1. Dr. Komugi より:

    写真きれいですね!
    アゼルバイジャンとか行ったことないです.

    • Aki より:

      ありがとうございます!自分も妻と出会うまで行ったこともなく知らない国でした♪
      少しでも知ってもらえれば幸いに思います!

タイトルとURLをコピーしました